ドイツへ行こう : ドイツリンク集

 インターネットの特徴は、地球上を瞬時に移動できることです。ドイツのURLには、後に "de" がついています。さあみなさん、インターネットでドイツへ行きましょう。

ドイツまちづくり情報へ戻る  ホームページへ戻る
 日本語のページ公的性格を有す機関のページ)/ ドイツ語・英語のページ

日本語のページ

ドイツ・ポータル
そのものズバリ、「ドイツ・ポータル」と銘打ったページページを発見しましたので、リンク集のトップに持ってくることにしました。現時点で500を超えるホームページが登録されており、「ドイツに関するホームページも多彩になったな〜」と思いました。(2006.4.25)
ルフトハンザ
ドイツへ行くにはルフトハンザ、というわけではありませんが、ドイツ訪問に参考になる情報がいろいろあります。私がドイツ留学に出発した時、当然のようにルフトハンザを選びましたが、帰国便はアエロフロートでした。(1996.10.05/2007.06.04)

欧援(オーエン)
日本とヨーロッパの橋渡しを目ざすエルファディンクさんが、ドイツ語と日本語で作成しているページです。まちづくりに関する研究会で知り合った時、彼女は流ちょうに日本語を話されていました。ドイツに戻られたことは少し残念ですが、このホームページで、バーチャルにお会いすることができます。(2009.04.08)
環境ジャーナリスト 村上 敦 の情報ページ
村上さんがドイツの環境都市フライブルクから発信しているページです。2007年末に出版された著書『フライブルクのまちづくり-ソーシャル・エコロジー住宅地ヴォーバン』の縁で知り合いました。現地で仕込んだ情報は詳細で、もちろんこのホームページも充実しています。(2008.01.14)
フライブルク環境レポート
フライブルク在住の前田成子さんが作成されているページです。日本でフライブルクが有名なのは、姉妹都市の松山市やフライブルク在住者を通じていろいろ情報が提供されているからですが、このページを訪問すると、フライブルクの実像に触れることが可能です。(2007.06.09)
ドイツ研究のページ
「趣味がドイツ旅行」という方が作成しているページで、ドイツ語検定試験、政治、地方自治、世界遺産など、ドイツの話題がいろいろ紹介されています。ドイツの政治を動かしているところに直接リンクが引かれている点も、ひとつの特徴です。(2003.01.06)
ドイツ環境政治のHP
環境省からドイツへ勉強に行っている方が作成されたページで、環境の情報があるのはもちろん、日常生活に関する情報も充実しています。「向こうの人が英語がペラペラな原因は言語の類似性にある」という意見には、私も大賛成です。(2003.03.27)
ドイツ環境情報の話し
環境技術の研究のためにカールスルーエ大学で学んでいる方が作成したページです。以前は「水の話し」という名称でしたが、エコ住宅やごみの話題もあるように、環境全般に関する事柄を日常生活の視線から紹介しているので、「環境情報」の方がピッタリです。(2000.11.21/2002.02.16)
わんぱくパパの書斎
まちづくりに関係ある仕事をされている方のページです。「LRT(Light Rail Transit)と路面電車」には、南ドイツの中都市フライブルクを走っているLRTについて詳しい説明があり、経営状況までわかります。(2000.10.10)
Mein Privates Deutschland(私的思い入れのドイツ)
企業の駐在員として通算11年間もドイツに勤務された方が作成しているページです。とくに、ベルリンの壁の崩壊など、東西ドイツ統合前後の情報が写真付きで紹介されており、新聞にも紹介されたことがあります。また、リンク集も多彩です。(2000.06.26)
環境先進国(ドイツ・イギリス)の道路交通事情
研修旅行をもとに、ドイツとイギリスの都市交通に関して、騒音対策、リニアモーターカー、路面電車等を、写真も使用して紹介しているページです。ドイツではフライブルクが詳しく紹介されています。(1999.07.05)
LRTのある風景
LRTは "Light Rail Transit" の略で、ドイツ等の最近の路面電車を意味する言葉です。ドイツをはじめとして、各地の路面電車の写真やイラストもある楽しいページですので、一度訪問して下さい。(1998.10.15)
Leo & Max の 旅のページ
ミュンヘン在住の方が作られたページで、ミュンヘンを中心とした情報が提供されています。旅行者のためのドイツ語講座もあるので、ドイツ旅行に関心のある方へ訪問をお勧めします。(1998.05.21)
宇都宮発見 HomePage
宇都宮市についての情報を中心に集めたページですが、「宇都宮と世界の交通」として、ベルリン、ミュンヘンやアムステルダム(オランダ)の路面電車、バス、自転車、そしてモールに関連した写真が掲載されています。宇都宮の写真や自分の町と比較してみるのもおもしろいでしょう。(1997.12.07)
Joe's HomePage
ドイツ語を勉強中の方が作られたページです。毎日のように(?)インターネットでドイツへアクセスしているようで、ドイツ語学習に関連あるリンク集が充実しています。インターネットは生きた語学教材で、「語学の学習もここまできたのか〜」という感慨を覚えました。日記もおもしろいよ。(1997.09.04)
都市環境計画研究所研究第三部/環研究所
都市計画の事務所で、「海外まちづくり見聞録」にはドイツの情報も掲載されています。まちづくりワークショップや地理情報システムについての説明があるので、GIS入門などのためにもお薦めです。(1997.05.30/2006.4.25)

ドイツの実情
ドイツ外務省が作成した、ドイツを紹介するためのページです。国土の状況、歴史、国の制度、経済、教育、社会と文化など、内容は広範にわたっており、外務省作成なので外交の説明もあります。日本語を含め、8ヶ国語で提供されているので、翻訳する場合にも役立つと思います。(2005.07.23)
ドイツ観光局
ドイツ政府観光局が日本語で作成しているページです。ドイツ各地の都市に関し、旅行に欠かせない情報が提供されていますので、ドイツに旅行する際には是非訪問しておきましょう。(2002.02.16)
東京ドイツ文化センター
東京の赤坂にあるドイツ文化会館にある東京ドイツ文化センターです。ドイツ語教室だけでなく、いろんな催し物を行っています。地下鉄の青山一丁目駅から徒歩5分ですので、都合のつく方はどうぞ訪問下さい。(1998.04.03)
東北大学法学部のリンク集「ドイツ:法と政治情報」
私がインターネットで初めてドイツは行ったのは、このリンク集のおかげです。東北大学法学部はインターネットを積極的に利用しており、「インターネットを利用してアメリカ法を調べよ」という課題も出されているようです。(1996.09.19)

ドイツ語・英語のページ

 ドイツ語にはウムラウトやエスツェットがあるので、日本語モードのままでは正しく表示されません。ドイツに着いたら、お使いのブラウザを欧米語のモードに変更して下さい。
ヤフー・ドイツ
ドイツにもヤフーがあり、もちろん検索もできます。なお、項目の並んでいる順序ですが、日本アメリカと同じですが、ドイツはちょっと違い、「教育」から始まっていました。(1997.08.03)
ヤフーのドイツ大学一覧
以前はフランクフルト大学にある大学一覧のページを紹介していましたが、いつの間にかなくなってしまったので、ヤフーのページに変更しました。(2003.06.05)
ドイツのデータ
ベルリン自由大学にあるページで、ドイツについての各種データがわかるようになっています。(1996.12.21)

ドイツの自治体情報
日本の自治体のホームページを探そうとする場合、URLがわからなくて困ることがよくあると思いますが、ドイツではそういうことはあまりありません。原則として"www.都市名.de"で自治体のホームページへアクセスできるからです。たとえばベルリンは"www.berlin.de"、ハンブルクは"www.hamburg.de"、ミュンヘンは"www.muenchen.de"で大丈夫です。アルファベットを正確に打つのがポイントですが、たまに民間企業のホームページにつながってしまうことがあるので、ご注意下さい。

ドイツまちづくり情報へ戻る   ホームページへ戻る